HOME > お家のつくりかた > ライフスタイル

ライフスタイル

ライフスタイル

しかし初めから、自分の欲しいプラン、求める間取りの姿が『頭の中に描けるか?』というと、難しい気がします。
実際はもっと複雑に物事が絡んでくる場合が多いと思いますがココでは2つのカテゴリーに分類して、『あなたの求める住まいづくり』を考えて見たいとと思います。

時間はかかりますが、どれも住まいづくりに欠かせない事ばかりですので、参考にして頂ければ幸いです。

誰もが、与えられている環境は平等であり確実に、10年後、20年後、と言わずと刻々と変化しています。
その時あなたは、家族をどの方向に向けて行きたいのか。を今から見つめて行くことは、その先の家族の形が決まってくる大きな要因となると思います。

人生、一歩先は闇と言われますが、誰も先の事などは分かりません。明日どうなるか分からない、けれど、「こうなりたい」という意思をしっかりと決めることが出来たなら、その時点からその方向に向けて家族の形がつくられて行くものと思います。

家づくりも同様、どのようにして行きたいか、方向を決めなければスタートしません。

たたむやみに、周りに振り廻されていては、決まるものも決まりません。だれがこの事業の当事者であり、周りはその当事者をどう支えて行けるか、分担割も時には有効かと思います。

その際、各人の希望や実際の状況を確認しながら、それを反映してゆく、一見難しそうですが落ち着いて考えてみると、整理できます。図などに書き写してみるのもすっきりとする手段です。

A 家族の成長を考える

若い世代の方でしたら、ご夫婦の生活からお子様が生まれ、だんだんと育つ中で、いずれは巣立ちの時を迎え、またご夫婦の生活に戻って行きます。

しかし、家づくりをしようと思ったときは、今のライフスタイルを中心に考えがちです。

当然、間取り、設備もそれに左右されがち。

また、お子様が生まれてからの成長の早さには驚かされます。あっという間の成人への階段を登りつめて行くもの。時間の短さを感ずることもあるでしょう。家族の係わりあいも変化するので、その後の生活形態も変わりがちです。ライフステージを段階別に考えておくのも重要です。

お子様が幼児期、学童期、生徒期とステージが変わるごとに、それぞれの役割も生まれ、変わっていきますので、その点を考慮して計画をすることも、家族が楽しく生活できるポイントになると思います。

次にお子様の成長に伴う構成を考えると、お子様が小さいうちは何かと子供中心の生活パターンになります。特にLDKなどの広間で過ごす事が多い中では、キッチンなどの水廻りが近くにあると、とても便利です。

食事の用意をしながらお子様の事に目が行き届く対面キッチンやオープンキッチンは重宝な点が多いですが、時には思いがけない事故にもつながります。とくにやけどなど、ちょっとした気の緩みから起きることもあります。

特にお子様が成長すると、何かと自分で冷蔵庫等から食べ物を探す事が多くなります。
その時はなるべく火気の廻りを避けて行けるよう工夫するのも、事故を未然に防ぐ手立てになります。
お子様も成長し学童期になると、教育の観点からの見方が増えてくると思います。

家族のコミュニケーションが生まれてくるころでもあり、お子様の自我が芽生えてきます。
いろんな事に興味を持ち始めますので、どのタイミングを利用して家族の会話をするのが良いのかはそれぞれでしょうが、食事時などは、家族そろって会話をしながら、コミュニケーションをとるのは、とても有効な方法だと思います。

そう考えると、テレビ等は食事中は避けたいもの。そんなときは簡単なスクリーンなどをレイアウトしてさりげなく、会話が家族に向くように仕向けるのも手かもしれません。

勉強部屋なども、はじめはあまり必要ないかも知れません。LDKなど、家族と一緒の部屋で勉強することが安心感を生みだします。気をつけないといけないのが、ご主人などが一緒にテレビなどを見ないよう協力も必要ですが・・・

ある程度に成長し、お部屋にて学習できるようになってくる頃は、親との会話も少なくなり、心配も増えますが、必ず子供が帰ったら、顔を合わせる様な動線の計画も必要です。

一例ですが子供室は2階に置き、リビングを通って部屋に行くことで、子供と顔を合わせる工夫も時には必要と思います。

B 自分の環境を考える

家族の成長と共に、自分自身の環境への適応も変化してきます。

若いころは、体の十分に動き、足、腰などもしっかりとして、多少の体調の変化があっても、すぐに回復してしまうほど、体力があります。

しかし、年月を経るうちに、体力もだんだんと落ちてきますので、その変化も考えておく事で、家づくりについて、初めはシンプルに計画して、費用を抑えておき、だんだんと年齢が増すに従い、環境の変化に対応できるよう間取りをリフォームにて補うことで、事前に予算なども積立られますし、突然の思わぬ事態にも対応しやすくなると思います。

家づくりにおいては、若い内に先を見越して、バリヤフリーなどの造りに気を留めるより、スキップフロアー的に、フレキシブルに変化した間取りなども、取り入れてみることで、視線に変化を生みだし、特に段数を少なめの設定などは、空間の面白味を出すことができるので、若い方にはお勧めです。

しかし、デメリットもあり、空間を広く連続としては使えないため、こまこまとした感じになりますが、隠れ家的な家づくりには、もってこいな感じになります。費用的には高めになりますが・・・

お家のつくりかた目次

お気軽にお問い合わせください 042-792-4061 受付時間 平日9:00~18:00

  • お問い合わせ
  • 資料請求はこちら

有限会社フォルム代表取締役 一級建築士/丸山秀樹

  • 丸さんブログ!
  • プロフィール

お気軽にお問い合わせください

  • お問い合わせ
  • 資料請求はこちら