HOME > お家のつくりかた > 資金計画について

資金計画について

一般的な頭金の費用

一般的な頭金の費用

頭金とは、物件の総費用から住宅ローンの借入限度額を差し引いた金額のことをさします。
自分で用意しなければならない現金(自己資金)であり、一般的には物件の総費用の2割程度と言われています。

ローン審査による借入限度額が総費用の8割程度となる場合が多いためです。近年、話題のフラット35(買取型)などは最高9割まで借り入れることができます。

また銀行によっては、頭金0での全額ローンというのも多く見受けられます。頭金以外にも、家づくりにおける建築費用に税金や、ローン保証料、登記費用、火災保険などの諸費用が必要です。
諸費用は総費用の1割程度を目安に自己資金に加えます。

住宅ローンを利用するにあたっての注意点

住宅ローンは土地のみの購入ではローンを組むことはできません。
住宅ローンを利用するには、住宅の図面や工事請負契約書を用意し「ここは住宅用の土地である」ということを証明することで、利用できるローンです。
また、住宅ローンの借入可能な金額の目安として、年収に占める返済額の割合(返済比率)が年収の25%~30%までに収まるように考えておきます。
住宅ローンは公的住宅ローンと民間住宅ローン、その他などがあり、民間住宅ローンを利用されている例が多いかと思います。
また注文住宅による住宅取得ですと初めに土地の取得が先でその後、建物を建てることになります。その場合、土地取得に掛る費用を先に用意しておかなければなりません。

住宅ローンによる住宅取得には土地取得費用、建物建築費用など都度必要な金額をローン融資銀行または他銀行から、つなぎ融資としての、短期融資が必要な場合もありますので、融資先銀行に確認しておくことも大切です。
返済方法も元利均等返済と元金均等返済で違いが出ますので、調べておくことも重要です。

住宅ローンを借りる上で必要となる金利プランについて

金利プラン

住宅ローンの金利の種類はきく分けて固定型・固定期間選択型・変動型の三種類があります。

固定型
金利が他より高めだが完済まで金利が変わらない。
代表的なものにフラット35がある。
将来にわたって家計の見通しもつけやすい。金利が上昇傾向にある場は有効な選択となる。
固定期間選択型
3年・5年・10年など一定期間の金利を固定。
一定期間経過後は変動金利になるが、再度固定金利や変動金利かを選択できる。
固定金利期間が長いほど、当初の設定金利が高くなる傾向がある。
変動型
低金利であるが半年ごとに金利が見直されるため、金利上昇のリスクがある。
特に返済額が5年ごとに改定されるタイプのものは金利が上昇すると利子の割合が増える。
変動幅は従前の返済額の1.25倍までのルールにより金利上昇幅が大きい場合は未払利息が
発生する場合がある。
金利ミックス型
それぞれの金利商品を組み合せて利用することでそれぞれのメリットを生かす手法である。

お家のつくりかた目次

お気軽にお問い合わせください 042-792-4061 受付時間 平日9:00~18:00

  • お問い合わせ
  • 資料請求はこちら

有限会社フォルム代表取締役 一級建築士/丸山秀樹

  • 丸さんブログ!
  • プロフィール

お気軽にお問い合わせください

  • お問い合わせ
  • 資料請求はこちら