HOME > お家のつくりかた > タイミングと覚悟!?

タイミングと覚悟!?

タイミングと覚悟!?

とは言っても・・・思いたったが吉日という言葉があります。
あなたが『家が欲しい!』と思ったときは、何かの「ひらめき」があったからだと思うのです。
「ひらめき」とは、ただ単に生活している中では、あまり感じられませんが、何か必要を感じたり、疑問を感じている時には与えられるものです。

まして今は賃貸住宅に住んでいて、何不自由なく生活していても、家賃をこのまま払い続けながら生活するのは「もったいないな」と。ならば購入して、同じお金を払うなら自分のものになり、資産にもなる方がいいと思うこともあります。

そうなると住宅ってどんなものがあるのか。興味が湧いてきて、そこそこ住宅の本などを買ってみるものです。でもこの時って何かのタイミングに自分自身がすっぽりと、はまっているのも事実です。ですから何かのアクションを起こします。友人や知人からは「すごいなー」などと言われると照れくさくなり、「別に」とはぐらかしてしまいます。

それでも、内面の自分は興味が湧き始めていますから、行動に移すのです。しかし、実際行動に移してみると、実に多くのハードルがある事に気が付くと思うのです。

実際、家づくりとなると、建物を建てる土地が有るか、無いか。

もし購入済みなら再度立地条件の確認や周辺状況の確認をしておきたいところ。

無ければ、土地探しから始まります。不動産業者を通じて探すのが一般的

インターネットで当たりをつけてから交渉なども普及しています。

次に資金面は大丈夫か。銀行ローンなど各種類があります。いくらまで借りられるのか確かめておくことも、全体金額を把握する上で重要です。諸経費なども、幾らくらい掛かりどんなものが含まれているのかも確認です。

いまではフラット35や50など全期間固定金利で、借入条件もかなり優遇してもらえるものも有るので押えたいところ。一緒に税務など控除要件もしらべておくと、確定申告時には申請もれがなく安心。

資金面の目処がついたら、具体的に設計士や工務店を選択。相性の問題もあるでしょう。実際、設計士の方は「私たちの意向を汲んでくれるかしら」とか「どこまで相談していいのか、あまり希望を言いすぎて、気を悪くさせてしまうのでは?」など、

工務店の方には、サービス内容や価格など、予算内で収まるか心配、工事中も含めアフターフォローは大丈夫など心配事が増えてきます。

まして失敗したくないという思いが強い程、完璧を求めてしまって、自分自身が疲れてしまいます。

タイミングと覚悟をしっかり理解する為にも「計画を建てて進めましょう」とお話することになります。

でもよく解らないのです。なぜ。つまりあまりに情報が多すぎる上、一気に事を進めすぎて、頭がいっぱいになってしまうのです。(食べ物を食べ過ぎて消化不良を起こすのと似ています。)

情報をどんどん詰め込んで、詰め込み過ぎてかえって解らなくなります。

一つ一つ理解しながら自分のものとして進め(in put)次に理解した内容と照らし合わせ、自分がどうしたいのかを決めて行く(out put)ということから進めて行くと、まとまりの付かなかったものが、整理できると思います。これらが出来てくると、タイミングと覚悟に幅を持って取り組めるのではと考えています。

お家のつくりかた目次

お気軽にお問い合わせください 042-792-4061 受付時間 平日9:00~18:00

  • お問い合わせ
  • 資料請求はこちら

有限会社フォルム代表取締役 一級建築士/丸山秀樹

  • 丸さんブログ!
  • プロフィール

お気軽にお問い合わせください

  • お問い合わせ
  • 資料請求はこちら